マタニティマークとは

マタニティマークのついたストラップは、持ち主が現在妊娠中であることを示すものです。マタニティマークストラップは全国の鉄道会社で配布されています。
妊娠初期は他人からは妊娠中だということが分かりません。そのため特に妊娠初期の方はマタニティマークストラップをバッグなどにつけることをお奨めします。

妊産婦にやさしい環境づくり

厚生労働省は、21世紀の母子保健分野の国民運動計画である「健やか親子21」で、マタニティマークをとおした「妊産婦にやさしい環境づくり」の推進について取り組んでいます。
その課題の一つに「妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保」を挙げています。この課題の達成のためには、妊産婦に対して理解のある地域環境や職場環境の実現、受動喫煙の防止、各種交通機関における優先的な席の確保等について、国民、関係機関、企業、地方公共団体、国がそれぞれの立場から取り組むことが重要であるとしています。
とりわけ、各種交通機関における優先的な席の確保については、優先席のマークなどにおなかの大きな妊婦のマークが使われていますが、妊娠初期には外見からは妊娠していることが分かりづらいことから、周囲からの理解が得られにくいという声も聞かれるなど、さらなる取組が必要とされています。

妊産婦さんへの思いやり

妊娠中、特に初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためのとても大切な時期です。しかし外見からは、妊娠であるかどうか判断しにくかったり、「つらい症状」がある場合もあります。電車を利用する際、このマークをつけているお母さんを見かけたら、皆さんの思いやりある気遣いをお願いしたいものですね。

スポンサードリンク